【アートフィルター解説】デイドリームを使用した撮影 ~白昼夢の世界へ~

今回はアートフィルターの『デイドリーム』を使っていきます。
デイドリームは和訳すると『白昼夢』だそうで、近頃カメラ女子を中心に人気なエアリーフォト、ふんわり優しい感じのハイキー写真がデイドリームで簡単に撮影することができます。

基本的なアートフィルターの使いかたは『アートフィルターを使用した撮影 始める編』を参照。

もくじ

かんたん!エアリーフォトになるアートフィルター

このブログでも以前書いたような『ハイキー写真の撮影方法』や『エアリーフォト設定』などをしなくても、アートフィルターのデイドリームを使えばそのままの露出でかんたんにエアリーフォトにしてくれます。
つまり設定や調整をしなくてもエアリーフォトになちゃう素敵なフィルターなんです。
ひとつだけコツとして、エアリーフォトな感じにするには構図も重要!
生活感あるものや日常的なものをフレームから外して撮影するとデイドリームの効果を引き立てて雰囲気が出ると思います。

デイドリームに向いているシーン

・花や草木
・公園や噴水
・アンティーク小物、雑貨

 

デイドリームの効果を比較

デイドリームは二つのタイプがあります。(タイプが選べない機種もありますが、その場合はアプリ等から加工できます。『アートフィルターを使用した撮影 始める編』を参照)

デイドリーム1:青を基調とした透明感のある雰囲気
デイドリーム2:アンバー色(暖色)系の暖かみのある雰囲気

day-0-02フィルターなし
day-1-02デイドリーム1
day-0-03フィルターなし
day-1-03デイドリーム1
day-0-04フィルターなし
day-1-04デイドリーム1
day-0-01フィルターなし
day-2-01デイドリーム2

※クリックで拡大

カメラで他のタイプが選択できない機種の場合、スマホならアプリ『Sweet Photo』なら全てのタイプが選べるはず。撮影後でも写真を加工できると思います。
※PCで後からアートフィルター効果をつける場合は保存形式をRAWで撮影しておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です